投資の格言「隣の芝生はよく見える」について解説します。

投資の格言

 

今週のテーマは「隣の芝生はよく見える」です。トレードの世界で躓きやすいポイントについて書いてみます。

 

先週の振り返りでも書きましたが、私のメイン手法は「のんたん式スキャルピング」です。

 

メルマガ読者の方で、私のやり方を真似して勝ち出す人が増えてきました。その一方、途中で挫折してやめてしまう人も少なからずいました。

 

彼らには共通点があります。それが「隣の芝生」です。

 

コツコツトレードのスキャルピングにはあまりドキドキ感がありません。トレーダーであれば、大きな値幅を取りたいと思うのは当たり前ですよね。

 

そんなときに誰かからこんな話を聞くとします。

 

「今日は+200でした。大勝ちです!!」(^^)

 

羨ましいなあ~!と思いますよね。自分も一撃+200が狙いたくなります。

 

そして値幅狙いに走っていく。やられるとまたスキャルピングに戻ってくる。

 

この繰り返しになってしまう人は非常に多いです。ぐるっと1周校庭を走ったあとはスタート地点に戻ってきます。

 

「やっぱりのんたんさんの手法が1番いいです!」

 

何回同じ事を言われたかは数えきれません(嬉しいんですけどね・・・)

 

そんなとき、私はいつも同じことを聞きます。

 

************************************

 

そもそも隣の芝生の人は本当に勝っていたのでしょうか??

 

************************************

 

勝った話は自慢気にどんどん話すけど、負けた話は恥ずかしいからしたくない。人間にはそんな一面があります。だからこそ真相が隠される場合が多いです。

 

「そのときはたまたま勝てただけだった」

「実は年間マイナス成績だった」

 

あんなによく見えた隣の芝生。でも実は“芝は生えていなかった”という場合もあるわけです。

 

隣の芝生はよく見える。なんとなく意味がお分かり頂けたのではないかと思います。

 

トレードで成功するためには、、、

 

手法を1つに絞り、ぶれずに徹底的にやり抜くことが重要です。

 

隣の芝生やラクして稼ぐ方法を求めないようにしましょう。努力して正面突破するのが、実は勝ち組になるための1番の近道です。

 

☆★登録者1000名突破★☆
これだけはチェックしてください
のんたんメルマガの登録はこちらです↓↓

2-610x420 投資の格言「隣の芝生はよく見える」とは? 2-610x420 投資の格言「隣の芝生はよく見える」とは?