メルマガ読者限定で配布した2020年の相場展望レポートの一部を公開します。

チャート分析

 

nen 2020年の相場展望。アメリカ大統領選挙でトランプは落選?!

 

まずは日経平均の年足チャートです。1989 年に高値38957 円を付けたあとに、2008 年には安値6994 円まで下落しました。

 

この大きな下げはバブルの崩壊やリーマンショックなど、様々な要因がありますが暴落が起きた事は紛れもない事実です。

 

現在の日経平均株価は24000 円付近に位置しています。移動平均線は上向きで順調に上昇しているのがわかります。暴落分を取り戻しにきている動きとも見ることができます。

 

2018 年の陰線を2019 年は包み足の陽線で否定しています。こうなると2020 年はもう少し上を試す場面が想定されます。

 

nen 2020年の相場展望。アメリカ大統領選挙でトランプは落選?!

 

続いて日経平均の月足チャートです。月足チャートも同じく強い形で、安値を切り上げながら上昇しているのがわかります。

 

2018 年12 月安値18948 円を下回らなければ、長期的な上昇トレンドは維持されると考えてよいでしょう。

 

その手前には20000 円という強いサポートラインがあり、2019 年の危ない場面を何度も跳ね返してきました。チャートだけを見れば「買い有利」なのは明らかです。

 

2020 年は東京オリンピック特需にも期待できますので、買いを支える要因として機能するのではないかと考えられます。

 

重要イベント「アメリカ大統領選挙」

 

2020 年には大きな重要イベントがあります。11 月に行われるアメリカ大統領選挙です。

 

「トランプが再当選するかどうか?」

 

夏の東京オリンピックが終わった頃からは、マーケットはこの話題で持ちきりになると思われます。

 

トランプさんには賛否両論がありますが、アメリカの株価を大きく上げたのは紛れもない事実です。

 

トランプ就任前のNYダウの株価は20000 ドルを割っていました。それが現在は28000 ドルという歴代最高値を付けています。

 

強引なやり方はともかく、成果は確実に数字へと表れています。

 

マーケットとしてはトランプ続投がベストシナリオです。ところがそのトランプさんは素行が思わしくありません。ついには野党からは弾劾訴追まで起こされる始末です。

 

もしもトランプが負けるようなことになれば、マーケット的には大きな波乱要因になります。

 

NYダウの上昇を牽引してきたリーダーがいなくなれば、リスク回避の売りが出て暴落につながる事は十分に考えられます。

 

トランプ続投ならば一安心。

トランプ交代ならば大波乱。

 

戦況は拮抗しており、決して楽観できる状況ではありません。少しでも間違えれば、落選の可能性は大いにあると考えておくべきでしょう。

 

どうにか勝てるかもしれませんが、僅差の勝負が予想されます。選挙が近づくにつれて株価の値動きが激しくなりそうです。

 

さらに詳しい内容についてはメルマガ限定で公開しています。ぜひご登録ください。

 

☆★登録者1000名突破★☆
これだけはチェックしてください
のんたんメルマガの登録はこちらです↓↓

nen 2020年の相場展望。アメリカ大統領選挙でトランプは落選?! nen 2020年の相場展望。アメリカ大統領選挙でトランプは落選?!