2019年1月よりのんたんチームSNS「トレカフェ」では、資金100万円を1億円にする計画がスタートしました。この記事では1億円プランの概要と秘訣についてまとめていきます。

トレカフェ新企画がスタート!

 

のんたんチームSNS「トレカフェ(trader’s cafe)」は結成3年目を迎えます。現在30名ほどのアクティブなトレーダー仲間と共に毎日のトレードを楽しんでいます。

 

トレカフェでは2019年1月から新しい企画がスタートしました。それが資金100万円から1億円を目指すプランです。

 

具体的には絶好のエントリーポイントを教えてくれるツール「SS225(スーパースキャルピング225)」を使って、1日+10円を目指します。ツールの詳しい説明はこちらをご覧ください。

 

⇒スーパースキャルピング225の実戦検証記事へ

 

資金100万円からプラン通りに1日+10円利確を続けると、税金や手数料を差し引いても年目には資金1億円に到達します。

 

トレカフェ内でも「1日+10円だけで1億円行けるんだ!」と驚きの声があがったのですが、十分に実現可能です。値幅を狙わないと稼げないという既成概念を私たちは打ち破る事にしました。

 

SS225があれば1日+10円利確するのは決して難しくありません。1億円と言うと夢物語に聞こえがちですが、毎日+10円ならば一気にハードルは下がりますよね。

 

私もチャレンジしていますが、大発会から今日(1/21)までで11日連続の+10円利確。しっかりとプランに沿って資産を増やす事ができています。

 

私は+10円取れた時点でその日のトレードは終了していますが、トレカフェの書き込みを見ると+30円~+100円取っているメンバーも多いです。負けないように頑張らないといけません(^_^;)

 

さてここからはトレカフェで重要だと共通認識している、1億円達成への秘訣についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

1億円達成への秘訣 その1 ロスカット

 

トレーダーならば誰もが目指したい1億円。計画を作り実戦するうえで、いくつか気付いたことがあるので書いてみたいと思います。

 

まずはロスカットの重要性です。毎日10円を目標にするならば、すばやいロスカットは必須です。1度のトレードの損失は▲30円までに抑えなければなりません。

 

SS225を使いこなせれば勝率80%以上は狙えます。5回に4回は勝てるわけです。逆の言い方をすると5回に1回は負けることになります。具体的な例を挙げます。

 

 

+10、+10、+10、+10、▲30  ⇒+10

 

+10、+5、+10、+5、▲20   ⇒+10

 

+ 5、+ 5、+ 5、+ 5、▲10    ⇒+10

 

 

これらはすべて+10円を獲得できている成功例です。もしロスカットが遅れて▲50を1つでも出すと、5戦4勝でもマイナスになってしまいます。いわゆるコツコツドカンですよね。

 

トレードで安定して勝ち続けるためにはとにかくドカン負けをなくすことが絶対条件です。優秀なトレーダーの共通点はとにかくロスカットが小さく上手に負けます。

 

スポンサーリンク

1億円達成への秘訣 その2 欲を出さないこと

 

もう1つの秘訣はエントリーを厳選すること、欲を出さない事です。SS225を使っていると1日に何度もチャンスがやってきます。勝率が高いエントリーポイントを矢印で教えてくれるので、ついつい乗りたくなります。

 

しかし人間は欲を出すとキリがありません。+10円のつもりが+20円、+30円、+40円とどんどん追いたくなっていきます。この気持ちは私自身も経験があるのでよく理解できます。

 

値幅を狙って成功すれば利益は増えます。逆に失敗したらどうなるでしょうか?値幅を狙っている分、ロスカット設定が甘くなってドカン負けにつながる可能性が高いです。

 

つまりハイリターンを狙うと、ハイリスクが必ずついてくるわけです。1億円への道のりは長いです。いきなりガッツリ値幅を取ろうとするとどこかで失速してしまいがちです。

 

1歩、1歩、毎日+10円ずつ。地味ではありますが、1億円を狙うにはこの戦略が最も理にかなっています。エントリー回数を意識的に絞れるかどうかが成功するためのポイントです。

 

ただ+10円ばかりだと息がつまってくるので、私はミニ1枚で好きなようにトレードしていい枠を作っています。トレカフェ的には暴君ババネロ枠と呼んでいますが、トレードやりたい病への効果は抜群です!

 

トレカフェには私のブログ経由でSS225を購入して頂けると無料で参加することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

 

⇒スーパースキャルピング225の実戦検証記事へ

 

スポンサーリンク