デイトレではどんな銘柄が勝ちやすいかを検証してみました。

デイトレで勝ちやすい銘柄の条件とは?

 

株をやっている人ならば1度はデイトレードに興味を持つのではないかと思います。

 

まず最初に悩むのがどの銘柄でデイトレをするかという「銘柄選び」です。

 

東証一部、二部、JASDAQ、マザーズには数多くの銘柄があります。

 

細かく見ていくと、大型株・小型株・新興株・IPOと様々な動きをする銘柄があります。

 

銘柄がありすぎてどれを選べば勝ちやすいのか、特にデイトレ初心者にはわかりにくいものです。

 

勝ちやすい銘柄の条件としては、出来高が多い人気株がよいと言われています。

 

確かに出来高は多い株は売買が成立しやすくなるのですが、例えば人気の新興株やIPO株になると激しい値動きに巻きこまれて大損する危険があります。

 

値動きがある分だけ勝ちやすいのは事実ですが、その分負けやすい特徴を持つのが人気株です。

 

私はデイトレで最も勝ちやすいのは日経225先物ではないかと考えています。

 

スポンサーリンク

日経225先物のメリット

 

日経225先物は日経平均株価の上下を予想して当てる取引です。

 

株は個別銘柄ですが、日経225先物は日経平均株価が取引対象になります。

 

株の個別銘柄と比べて規模が大きく出来高も多いので、自分がエントリーしたことで大きく値が動くようなことはまずありません。

 

日経225先物のメリットとしては、テクニカルが通用しやすいという特徴があります。

 

テクニカルは売られすぎ、買われすぎを判別するのに有効ですが、出来高が少ない株や新興銘柄ではあまり機能しません。

 

しかし225先物の場合は取引対象が規模が大きな日経平均株価なので、機能しやすいという特徴があります。

 

個別株のように倒産リスクもないのでその点でも安心できます。

 

従って勝ちやすさならば個別銘柄よりも225先物がよいと言えます。

 

スポンサーリンク