株やFX、225先物で効果的なデイトレ手法「スキャルピング」について、私が利益を出したやり方を交えて解説します。

スキャルピングのメリット

 

スキャルピングとはデイトレ手法の1つで、細かく利益を狙うやり方です。エントリー後は1ティックや2ティックなど値幅を狙わないですばやく決済します。

 

スキャルピングは“最も勝ちやすい手法”と言われています。メリットをまとめてみました。

 

スキャルピングのメリット

★チャンス場面のみを狙ってエントリーできる

★短時間勝負なので時間効率が抜群によい

★急な相場変動に巻き込まれにくい(=リスク回避)

★含み損のストレスから解放される

 

私は現在スキャルピングをメイン手法にしています。結果は良好でトレードでの通算利益は3000万円以上になります。

 

実は以前まで値幅を狙ったトレードをしていました。値幅を取ることがトレードの醍醐味だと思っていた時期もあります。

 

しかし成績は思うように伸びませんでした。大口の仕掛けに振り回されて、大負けすることも多々ありました。

 

そこでスキャルピングに切り替えたところ、練習を重ねるごとに成績がどんどんよくなっていきました。

 

ここからはそのときに気づいたうまくいくための3つのコツをご紹介していきます。

 

スキャルピングがうまくいく3つのコツとは?

1、優位性のある手法で勝負する

 

スキャルピングで最も重要なのはエントリーポイントです。いかに有利な場面のみでエントリーできるかで、最終的な収支が決まります。

 

実際には適当に入っても5円~10円ならば取れます。しかし長期的に利益を得るならば、勝率が高い優位性のある手法で勝負する必要があります。

 

自信がない場面は見送って、取れそうな場面のみを狙い撃てるようになると面白いように連勝が続くようになってきます。

 

2、ロスカットを繰り返し練習する

 

スキャルピングは細かく利益を積み重ねていくやり方です。ロスカットが遅れれば、せっかく稼いだ利益をすべて失ってしまうことになりかねません。

 

だからこそすばやいロスカットが求められます。すばやいロスカットができるようになるには繰り返しの練習が必要不可欠です。

 

225先物ならば、損失幅は最大30円までに収まるようにします。読みが外れたら粘らずに逃げることがうまくいくポイントです。

 

3、目標設定を具体的な数字で行う

 

トレードでは目標を立てる必要があります。目標を決める際は、1日+20円・1か月+200円・1年+2400というように具体的な数字を設定します。

 

これは長く安定的に稼ぎ続けるためのコツでもあり、スキャルピング以外の手法でも取り入れるべき内容です。常に目的意識を持つことで1回1回のトレードにより集中できるようになります。

 

目標を決める際には無理のない実現可能な数字にします。スキャルピングであれば、1日+10円~20円が現実的です。

 

有料ツールは購入するべき?

 

最後に有料ツールについて触れておきます。スキャルピング用のツールとして様々なタイプのものが発売されています。

 

それらを購入するかどうかの基準はたったの1つです。

 

 

「1、優位性のある手法で勝負する」

 

 

先ほどスキャルピングのコツで書いた項目ですが、優位性のある手法がすでにあれば無理に購入する必要はありません。つまりすでに勝てているのであればいらないという話になります。

 

しかしスキャルピングのエントリーポイントがわからなかったり、自分の核となる手法がない場合は購入した方がよいでしょう。その方が上達スピードはぐんと早まります。

 

おすすめツールとしては、次の2つをあげておきます。

 

スーパースキャルピング225(225先物用)

ドラストFX(FX用)

 

どちらも私が実際に使っているスキャルピングに適したツールです。ツールを使いながら練習すれば間違いなくレベルアップできます。

 

初めからうまくはいきませんが、練習を繰り返していけばスキャルピングは段々と上達してきます。ぜひ腰を据えて頑張ってみてください。

 

☆★登録者1000名突破★☆
これだけはチェックしてください
のんたんメルマガの登録はこちらです↓↓

2-610x420 スキャルピングがうまくいく3つのコツとは?有料ツールは使うべき? 2-610x420 スキャルピングがうまくいく3つのコツとは?有料ツールは使うべき?